IIJmioひかりの通信速度は遅いの?料金やプランなどを徹底調査してみました!!

インターネット回線

光回線を新たに契約したい、今より安く速くしたい!と考えている人が多いのではないでしょうか?
そこで今回はIIJmioひかりについて解説していきたいと思います。

IIJmioひかりについて速度は遅いのか料金は安いのか疑問が多くあるかと思いますが本記事はそれらの疑問を解決するためにIIjmioひかりを徹底調査してみました。お申込み方法から解約方法、おすすめできる人とできない人についてまで解説します。

IIJmioひかりとは?

IIJmioひかりとは、格安SIMで有名なIIJmioが提供している光回線サービスです。
フレッツ光の回線を利用している光コラボレーション事業者です。

IIJmioひかりの料金や工事費

それではさっそく、料金や特長を見ていきましょう。

IIJmioひかりの料金プラン

まずは料金プランについて解説していきます。

引用元:iijmioひかり公式サイト

IIJmioひかりの料金プランは非常にわかりやすく、
戸建てプランは4,960円
マンションプランは3,960円
となっています。

さらに、
11月30日(月)まではキャンペーンを行っているようで、

引用元:iijmioひかり公式サイト

マンション・戸建て共に12ヶ月間1,660円割引されるようです。
また、IIJmioのスマホとセットで契約すると加えてmio割(-600円)が適用されます。

つまり、ネットだけの契約でも12ヶ月間
戸建てプランは3,300円
マンションプランは2,300円

となります。
ただし、13ヶ月目以降は通常料金です。

IIJmioひかりの初期費用・工事費

続いて初期費用・工事費について解説していきます。

引用元:iijmioひかり公式サイト
新規の場合

新規の場合とは、NTTが提供する光回線「フレッツ光」が通っていない場合を指します。
初期費用800円回線工事15,000もしくは18,000円かかります。

フレッツ光をご利用の場合

フレッツ光を利用している場合、回線工事は必要ありませんので0円となります。
ただし、初期費用1,800円かかります。

他社光コラボからの移行の場合

こちらは、他社光コラボレーション事業者からの移行の場合となります。
光コラボレーション事業者とは、フレッツ光の回線を借りる形でサービスを行っている事業者のことです。
このIIJmioひかりやドコモ光、ソフトバンク光や、ぷらら光などがこちらに該当します。他にも多数あります。

独自回線事業者の
NURO光、auひかり、eo光、メガエッグ光、ピカラ光、コミュファ光、BBIQ光
などはフレッツ光の回線工事が必要なので、新規の場合となります。

こちらもフレッツ光の回線工事は必要ありませんので工事費は0円となります。
ただし、初期費用3,000円必要です。

IIJmioひかりの主なオプション

引用元:iijmioひかり公式サイト

IIJmioひかりの主なオプションはこの2つのようです。
なお、IIJmio光電話には別途工事費1000円がかかるようです。

また、IPoEとはインターネットの次世代接続方式で、安定した高速通信が可能のようです。

IIJmioひかりはこんな人におすすめ

IIJmioひかりはこれから紹介する人におすすめです。

フレッツ光を利用している人

フレッツ光を現在利用しているひとは、IIJmioひかりをおすすめします。
なぜなら、月額料金が安くなるうえに工事費は0円。さらに初期費用が最も安く済みます。
また、フレッツ光だと回線料とプロバイダ料をそれぞれ別に払わなければなりませんが、iijmioひかりだとセットになっているので、わかりやすくスッキリします。
キャンペーンの利用も2社だと複雑ですが1社だと最大限利用できそうです。

IIJmio格安SIMを利用している人
引用元:iijmioひかり公式サイト

IIJmio格安SIMを使っている人にもおすすめできます。

同一ご契約ID(mioID)にて契約した場合、iijmioひかり回線1回線とSIMサービス1回線につきmio割として600円が毎月割引されます。
光回線を2回線SIMを2回線契約している場合、毎月1200円となるので、多くの回線を契約している場合は非常にお得となります。

他社サービスのほうがお得な場合

ドコモのスマホをお持ちの場合

ドコモのスマホをお持ちの場合は、ドコモ光をおすすめします
ドコモ光はiijmioひかりと同じく、フレッツ光の回線を利用してサービスを行っています。
ドコモ光なら家族のドコモのスマホ1回線につき1000円割引されるので、ドコモユーザーが多い家庭ならIIJmioひかりよりドコモ光のほうが安くなります
高性能Wi-Fiルーターの無料レンタルもついています。

詳しくはこちらの記事に↓

auのスマホをお持ちの場合

auのスマホをお持ちなら、auひかりの方がおすすめです。

家族でauの携帯1台につき最大1000円割引なので、IIJmioひかりより安くなる可能性が高いです
また、キャッシュバックが非常に高額です。
auひかりは独自回線を利用しているため比較的速く安定していますが、対象エリアが狭いのが欠点です。
auユーザーで対象エリアならauひかりをおすすめします

ソフトバンクのスマホをお持ちの場合

softbankのスマホをお持ちの場合はsoftbank光のほうがおすすめです。

ご家庭でソフトバンクの携帯電話を契約していればしているほど安くなります。IIJmioひかりより安くなる可能性があります
キャッシュバックも14,000円貰えるので、ソフトバンクユーザーならiijmioひかりよりsoftbank光のほうがおすすめできます。

IIJmioひかりの通信速度は遅い?

続いてはIIJmioひかりの通信速度についてです。

口コミや評判では遅いという意見が多くありました。

しかし、現在無料で加入できるIPoEオプションの加入でよって、通信速度の遅さは解決するようです

IIJmioひかりの申込み方法

IIJmioひかりのお申込み方法を解説します。

新規の場合

1.お申込み

IIJmioひかり公式サイトにて、お申込みをします。
すでに、IIJmioをご利用の方はログインしてください。
mio割が適用されません。

IPoEオプションを利用する場合は「希望する」を選択します。
なお、お申込みにはクレジットカードが必要です。

2.工事希望日の決定

工事希望日はサイトで選択できる場合とできない場合があります。
選択できない場合は、別途選択する電話希望日にて電話で工事日を決めます。

3.メールにて連絡

工事日が確定した場合、メールにて改めて連絡が入ります。
また、モデムなど宅内に設置が必要な機器が届く場合があります。

4.工事

確定した日時に工事を実施します。
最後に機器を設置・接続して終了です。

フレッツ光をご利用の場合

1.転用承諾番号の取得

NTT西日本もしくは東日本の公式サイト/電話で転用承諾番号を取得。

2.お申込み

新規の場合の「1.お申込み」と同じ作業となります。

3.電話確認

登録した電話番号にて確認の連絡が来ます。
また、回線切り替え日を決めます。

4.機器の設定の変更

切り替え日に機器の設定の変更をして、終了です。

他社光コラボからの移行の場合

1.事業者変更承諾番号の取得

他社光コラボ事業者のホームページまたは電話にて事業者変更承諾番号の取得をします。

2.お申込み

新規の場合の「1.お申込み」と同じ作業となります。

3.電話確認

フレッツ光をご利用の場合の「3.電話確認」と同じ作業となります。

4.機器の設定の変更

フレッツ光をご利用の場合の「4.機器の設定の変更」と同じ作業となります。


なお、申し込み後にIPoEオプションを申し込む場合は以下の手順となります。IDとパスワードが必要です

引用元:IIJmioひかり公式サイト

IIJmioひかりの解約方法

IIJmioひかりには2年間の最低契約期間があるようです。
2年以内に解約した場合解約金が発生するようなのでご注意ください。

事業者変更の場合

IIJmioひかり公式サイトまたは電話にて事業者変更承諾番号の取得をし、他社公式サイトにて変更手続きをします。なお、事業者変更には解約手数料として3,000円がかかります。

解約する場合

解約する場合はIIJmioひかり公式サイトにて撤去工事の予約が必要です。
予約完了後、電話にて確認が入ります。
工事日にて撤去工事をして、解約となります。

IIJmioひかりの知っておくべき注意点

IIJmioひかりの知っておくべき注意点について解説します。

mio割について

mio割について解説します。

mio割対象のサービス(光回線)は
IIJmioひかりに加えてビック光も対象となります。
また、モバイルSIMの対象サービスは
IIJmioモバイルサービス(ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプラン、ケータイプラン、eSIMプラン(ベータ版))とIIJmioモバイルプラスサービス(エコプランミニマム、エコプランスタンダード、従量制プラン)とIIJmio eSIMサービス(データプランゼロ)が対象となっています。
なお、光回線とモバイルSIM1契約ずつでmio割1セット分の割引となります。
光回線を2契約モバイルSIMを1契約の場合は1セット分のmio割しか適用されません。ご注意ください。

マンションプランの料金について

IIJmioのマンションプランの料金はマンションの大きさや階数に関係なく一律で3,960円のようです。

IIJmioひかり電話について

IIJmioひかりは月額+500円を支払うことによってIIJmioひかり電話に加入することができます。
なお、ひかり電話オプション付属サービスとして、発信元番号表示が400円、非通知番号ブロックが200円、割り込み電話着信が300円、迷惑電話ブロックが200円で加入することができます。なお、付属オプションに加入する場合は別途工事費が必要となりますのでご注意ください。
工事費については、新規にフレッツ光回線をご利用される方がセットで加入される場合、基本工事費が1,000円と交換機工事費等が1,000円となります。また、すでにフレッツ光回線を利用しており回線工事が必要ない場合は基本工事費が4、500円と交換機工事費等は3,500円必要となります・



通話料は、固定電話もしくはひかり電話の場合は8円/3分です。
携帯電話の場合は16円~18円/60秒かかります。詳しくは公式サイトにて。

IPoE接続の対応機器(無線LANレンタル)について

IPoEオプションを利用される場合には、IPoE接続に対応したルーターが必要です。もし、IPoEに対応したルーターを持っていない場合は対応したルーターを月額300円でレンタルできます。

なお、DS-Lite対応のルーターを使用されると、より快適にインターネットを楽しむことが出来るようです。DS-Liteに対応したルーターはレンタルしていないようなので、自分で購入するしかないようです。無線LANは今の時代これからもずっと必要となるものですので購入を検討したほうがいいかもしれませんね。先ほど紹介したドコモ光やauひかりは無線LANルーターが無料レンタルできるようです。ただしauひかりはスマートバリューという家族auスマホを利用しているという条件があります。

IIJmioひかりの通信速度は遅いの?徹底調査のまとめ

IIJmioひかり公式サイト

フレッツ光回線を使用した光コラボレーション事業者は数多くありますが、今回はそのなかにIIJmioひかりについて徹底解説してみました。
通信速度が遅いもしくは遅い時間帯があるなどの意見がありますが、現在無料で加入できるIPoEオプションへの加入で解決できることがあるようです。
現在フレッツ光を利用しているもしくはIIJmioSIMを利用している人にはおおすすめできるサービスということでした。
今回は以上となります。お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました